小児歯科について

「子どもの歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、そのままでも大丈夫かな?」
そんな風に思ってらっしゃる方はいらっしゃいませんか?
子どもの歯は永久歯の歯並びはもちろん、成長期のカラダの発育にも影響するという事をご存知でしょうか?

子どもの歯(乳歯)の役割について

  • 食べ物を前歯で切り、奥歯でつぶすという食べる機能。
  • 発音機能(例:「たちつてと」などは前歯を使って音を出しています。)
  • あとから萠出する永久歯の位置を導いたり、場所を確保します。
  • 噛むことにより、顎の筋肉や骨の発達を促します。

子どもの歯の虫歯の特徴

  • 1度に多くの虫歯ができる。
  • 永久歯より虫歯の進行が早く、数ヶ月で神経まで病んでしまう。
  • 自覚症状が不明確で、痛むことが少なく、進行してしまう。

乳歯が永久歯の生みの母とも言われるように、丈夫な乳歯を育てることが、健全な永久歯の育成へと繋がります。 乳歯が生えたときには、すでに顎の中では永久歯も育ち始めているのです。
小児歯科で1番大切なことは『予防』であると当院は考えております。
当院では治療以外にも親御さんも含めた歯みがきのトレーニングなども行っております。

シーラントについて

シーラントは奥歯を虫歯菌からまもるバリアーです。
シーラントは、虫歯になりやすい奥歯のみぞを埋めてむし歯菌を防ぐ材料です。シーラントを奥歯の溝に塗ることでむし歯菌を防ぎ、フッ素の力で歯を 強くし
て虫歯菌から守ります。

予防歯科について

予防歯科とは

虫歯や歯周病になってから治療をするような対症療法では、その時の症状は治療できても、その後も再発する可能性が残ります。虫歯や歯周病などの症状が出る前の方、及び治療が全て終了した方に対して、原因となるものを予防する歯科治療です。当クリニックでは、患者様が一生自分の歯で食事を楽しむことが出来る人生を送れるよう、全 力をサポートさせて頂きます。

予防歯科の流れ

1.口腔内チェック

お口の中全体をチェックし、虫歯のみならず、歯周病、咬み合わせ、 またその他お口の中に異常があるかどうかをチェックいたします。

 
2.歯みがき指導

虫歯、歯周病などにかかることがないように、当院の衛生士が正しいブラッシングの方法を指導させていただきます。

 
3.スケーリング(歯垢除去)

歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取ることを「スケーリング」と言います。歯石は歯周病の大きな原因の1つとなっており、また歯の 裏面などに付着していて、普段の歯磨きでは取れるものではありません。なので、専用の器具を使用し、この歯石を取ることによって、歯周病になりにくい歯に します。

 
4.PMCT(着色除去、歯面研磨)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは「プロフェッショナルな専門家による器具を使ったお口のクリーニング 」のことです。PMTCをすることにより、歯を以下のような状態にすることが出来ます。 ・虫歯、歯周病を予防することが出来ます。 ・きれいな歯を保つことが出来ます。 ・歯の表面がツルツルになるので、汚れが付きにくくなります。

その他 フッ素塗布・シーラント

フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。 歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的に取り込むことが出来ます。
>>シーラントについてはこちらをご覧下さい。

上記の治療で予防が完璧というわけではありません。
お口の中の健康を維持する為には、2つの大切な柱があります。

セルフケア(ホームケア)|自助努力、ご自身での管理

プロフェッショナルケア|歯科医院で専門家による管理、定期的なクリーニングや歯周病菌の除去など

この2つを継続して行うことで初めて、お口の中の健康を維持することが出来ます。 どちらかが欠けてしまってもダメなのです。ご自身の管理は私どもではどうすることも出来ません。しかし、意識をしっかりと持ち、健康の為に努力できる方には 当クリニックは大きなメリットを得られると思います。
まずはお気軽にご相談下さい。

8020は"ハチマルニイマル"と読み、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動のことです。
平成元年に、厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が提唱し、自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきました。この数字の理由は、親知らずを除く28本の歯のうち、少なくとも20本以上自分の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛み砕くことができ、美味しく食 べられるからです。
つまり「高齢になっても20本以上自分の歯を保ちましょう」というのが、その主旨です。当院にも定期的に検診を行い、「8020」を達成された方がいらっしゃいます。

第17回「高齢者よい歯の表彰式」において、上記賞状の早川チヨさまをはじめ、
当院推薦の11名の方がよい歯の表彰をされましたことを報告いたします。

今年度は宇都宮市内300余の歯科医院から111名の高齢者が選ばれ表彰されました。
粕谷歯科医院から11名の表彰者はおそらく宇都宮では一番多いと思われます。
これもひとえに、歯の大切さを知り、当院にまじめに予防及びメインテナンスに通われている賜だと思われます。
高齢者よい歯の表彰(8020)とは、80歳で20本以上の歯が残っていらっしゃる方が毎年対象になります。
当院では何年も続けて表彰されている方の他、まだ80歳になっていませんが20本以上歯が残っている8020候補者がたくさんいらっしゃいます。
一本でも多く歯が残っていることこそお年寄りの健康の源です。
また、賞状にあるように「よい歯は市民の模範です」。
是非、来年もまた多くの方々の推薦ができますよう歯のお手入れのお手伝いを頑張りたいと思います。