本文へ移動

舌側(裏側)ブラケット矯正

矯正治療は何歳からでも始められます。歯ぐきや歯を支えている骨に問題がなければ、年齢制限はありません。患者さまの、矯正治療を始めてみたいというお気持ち、是非ご相談下さい。



見えない、気づかれない舌側(裏側)矯正


本当に見えないのは舌側矯正

舌側ブラケットは、歯の裏側につける矯正装置です。

装置は見えにくく、家族にも気付かれないとも言われています。さらに、治療結果や治療期間は表側矯正と変わりません。またマウスピース矯正はご自身でのケアが多くなりますが、舌側矯正は歯ブラシさえしっかりしていただければ歯は勝手に動いていきます。

「粕谷歯科医院」の矯正Dr.は舌側矯正専門の歯科医院に勤めていた経験もあるのでご安心ください。
歯列矯正をしたいけれど、装置は見えたくない、ブライダルや成人式等、今後お写真を撮る機会があるなど、是非ご相談下さい。

舌側矯正の種類

フルリンガル

上顎下顎とも舌側矯正装置を装着する方法です。表からは全く装置が見えないため、職業柄ブラケットが見えないほうがいい方や、これからお写真を撮る機会が多くなる方も選ばれる治療法です。
フルリンガルのメリット

・装置が見えない・目立たない
家族にも気付かれにくいです

・虫歯になりにくい
歯の裏側は表側に比べてエナメル質の厚さが約3倍、唾液に触れる機会も多いため虫歯になりにくいと言われています

・歯並びが良くなってきたことを実感するのが早い
表に装置が付いていないため、歯並びの変化を感じやすいです

フルリンガルのデメリット

・舌に違和感が出る
舌側に装置が付くため、喋りにくくなたったり、食事がしにくくなったりしますが次第に慣れてきます

・歯磨きがしにくい
自分でも装置がみえにくいため、ケアに時間がかかります

・費用が高め
表側につける装置と比べ、装置が複雑になるため費用が高額になります

ハーフリンガル

上顎には舌側(裏側)ブラケット、下顎には唇側(表側)ブラケット装置を装着する方法です。違和感の軽減や、裏側につけたいけど、費用を抑えたいという方に選ばれる治療法です。(楽器を使用する方など、上が表、下が裏も対応しています。)
ハーフリンガルのメリット

・表側装置と比べ装置が見えにくい
上顎は裏側にするため、目立ちにくく、下顎はそもそも見えにくいため、全て表側に装置を付けるよりも圧倒的に見えにくいです

・フルリンガルより違和感が少ない
下顎には表側に装置を装着するため、舌の違和感が軽減され、フルリンガルよりも食事や発音がしやすくなります

・フルリンガルより治療費がリーズナブル
上顎のみに舌側ブラケットを装着するため、治療費を抑えられます

ハーフリンガルのデメリット

・表側の装置より舌に違和感が出る
唇側ブラケットと比較すると、舌の違和感があり、食事や発音がしにくくなりますが、次第に慣れてきます

・表側の装置より歯磨きがしにくい
自分でも装置がみえにくいため、ケアに時間がかかります

・表側の装置より費用がたかめ
表側につける装置と比べ、装置が複雑になるため費用が高額になります

当院の舌側矯正治療
粕谷歯科医院では、違和感に配慮した装置を使用し舌側矯正を行っています。
矯正治療期間中の口腔ケアも徹底しており、ご希望により専門の衛生士が、プロの指導、ケアを行います。
その他不安なことや、疑問がありましたらいつでもお応えいたします。
TOPへ戻る